ブルーライトによる睡眠の影響は?!オススメのメガネ対策や眼球疲労の解消法とは?

【スポンサーリンク】
《知らないと怖いブルーライトの影響!オススメの疲れ目解消法とは?》



仕事やプライベートなど、日常生活で欠かすことの出来なくなってきているスマホやパソコン。
しかし、スマホやパソコンから発せられる「ブルーライト」は、
眼精疲労の原因のひとつと言われていいるのをご存じでしょうか。

実際、ブルーライトってどんなもので、どんな影響があるの?という方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、ブルーライトの影響とおすすめの疲れ目対策をご紹介します。




《そもそもブルーライトとは?》


ブルーライトとは人が目で見ることのできる光の中で、
最も紫外線に近く、波長が短い強いエネルギーを持つ光です。

デジタルデバイスの普及でブルーライトと向き合う時間は急激に増えてきています。
スマホやパソコン、LED照明などに多く使われているブルーライトは、
長時間浴びると身体に負担がかかると言われています。



《ブルーライトが及ぼす身体への影響》



■目の疲れ
ブルーライトは、他の色の光と比べて波長が短いため、散乱しやすい性質を持っています。
そのため、スマホやパソコン画面を長時間使った場合などに、
眩しさや視界のちらつきなどの原因となり、目の疲れに影響すると言われています。

また、他の色の光に比べエネルギーが強いため網膜へのダメージ、
瞳孔を縮めようと目の筋肉も酷使され、目の疲れや肩・首などの凝りなどに影響も懸念されています。



■睡眠への影響
ブルーライトは太陽の光の紫外線と波長が似ています。
そのため夜に浴びると、脳が朝だと勘違いして、
メラトニンという睡眠ホルモンの分泌を抑制してしまいます。
寝る前にスマホやパソコンを使うと、体内時計の乱れ、寝付きに影響がでてしまうことも懸念されます。



《ブルーライトの対策方法》

⚫PC用眼鏡(ブルーライト対策眼鏡)を使用する
PC用眼鏡を使用することで、ブルーライトをカットしてくれます。


⚫ブルーライト対策用フィルムを貼る
眼鏡が不便という方は、使用しているスマホやパソコンにブルーライト対策用フィルムを貼って対策するのも良いかもしれません。


⚫スマホ、パソコンの明るさを下げる
普段使用しているスマホやパソコンの明るさを下げると、
ブルーライトの影響を少なくすることができます。


⚫(既に症状がつらい場合)ビタミン剤など眼精疲労の効果がある医薬品の使用も良いでしょう。


⚫疲れ目対策に42℃のシャワーをあてる
目をつむり、目の周囲に42℃のシャワーを当てるだけで、疲れ目に効果的です。


⚫夜はブルーライトを避ける
寝る3〜4時間前から照明を暗くするのが理想的です。

【スポンサーリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

カテゴリー