【映画 ジュラシック・ワールド/炎の王国】公開日やキャストは?ネタバレ注意の原案とは?

【スポンサーリンク】
「ジュラシック」シリーズ最新作、映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が
2018年7月13日(金)に日本公開されます。

■シリーズ誕生して25周年、あのテーマパークが再び、、、

2015年8月に公開され、全世界で大ヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』
同作で、テーマパーク「ジュラシック・ワールド」はハイブリッド恐竜インドミナス・レックスと
T-REXが死闘を繰り広げたことで崩壊しました。


「ジュラシック」シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』として再びスクリーンに“あのテーマパーク”がやってきます。

物語の舞台は、テーマパークを有するイスラ・ヌブラル島です。
ここでは、火山の大噴火の予兆が捉えられていました。
迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、
自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られます。


そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアと共に、行動を起こす事を決意します。
島へ向かった矢先、火山は大噴火し、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが再び幕を開けます。

■クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードが続投

恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役はクリス・プラット、
「ジュラシック・ワールド」の運営責任者であったクレア役は
ブライス・ダラス・ハワードが続投します。

監督は『怪物はささやく』でゴア賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが務めます。
また、スティーヴン・スピルバーグが、前作で監督を務めたコリン・トレボロウとともに製作総指揮を務め、
作品を更なるものへ進化させています。

【詳細】
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

公開日:2018年7月13日(金)

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ

製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ

キャラクター原案:マイケル・クライトン

脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ

監督:J・A・バヨナ

キャスト:
クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、
B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、
テッド・レヴィン、
ジャスティス・スミス、
ジェラルディン・チャップリン、

ダニエラ・ピネダ、
トビー・ジョーンズ、
レイフ・スポール、
ジェフ・ゴールドブラム
今から来年の公開が楽しみですね~。
【スポンサーリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

カテゴリー