【会社の新入社員挨拶】好感度の上がる挨拶や身だしなみは?上司や先輩への自己紹介や抱負についても調査!

【スポンサーリンク】
一般的に新入社員は、それぞれの部署に配属された後、最初に全体に対しての挨拶をします。
当然配属されてからの仕事の出来によって新入社員の評価は決まりますが、
最初の挨拶の仕方によってスムーズに仕事を始められることも大いにあるでしょう。

最初の挨拶は以外と重要だったりしますが、
初対面で先輩ばかりの人々に向かって挨拶するのは緊張するものです。
そんな方のために、ここでは最初の挨拶がうまくいくポイントをご紹介します。




■挨拶前の態度が第一印象を左右します


【前に出るまでに気を付けるべき心得】
・「〇〇さん、お願いします」と名前を呼ばれたときに、はっきりとした声で「はい」と返事をする

・お辞儀をしながら立つようにする

・人前にでるときは、中腰で謙虚な姿勢を見せるように移動する

・人前に立って話すときは、次の5つの要素に気を付ける

<1>表情と態度

<2>姿勢

<3>身だしなみ

<4>挨拶

<5>言葉遣い





■挨拶は基本的な構成があります

新入社員として最初の挨拶は大事ということをお伝えしましたが、
挨拶は一般的にはある程度の基本構成が決まっています。


①自己紹介
まずは簡単な自己紹介から始めます。
大きな声ではっきりと喋り、自分なりの一言を入れられるとベストです。


②これからの抱負
仕事への意気込みを入れる場合、主張しすぎないことが重要です。
特に新入社員からの「仕事できます」というアピールは、
ひんしゅくを買うこともある為、基本的に”新入社員は何もできない”という前提で、
低姿勢の発言をするほうが、伸びしろを感じてくれるはずです。


③支援や指導をお願いする言葉
最後に支援や指導をお願いする言葉をいれます。
新入社員は先輩方のお世話になることがあるため、
その意味も込めて謙虚な気持ちで伝えましょう。




■覚えやすいキーワードを入れる

新入社員の挨拶は皆さん同じような挨拶になりがちです。
こういった挨拶をする機会は日常生活の中で多くないため、ある意味仕方のないことです。
新入社員が多い場合、最初は覚えてもらえずにその他大勢になってしまう可能性もあります。
それを避けるために、自己紹介の中に自分を覚えてもらえるキーワードを入れましょう。


人と違った趣味がある、学生時代に珍しいサークルで活動していたなど何でもいいです。
キーワードを入れるだけで印象が変わります!




まとめ

今回は新入社員の最初の挨拶のポイントをご紹介しました。
新入社員の挨拶はとても大事です。
もちろんそれだけで新入社員の評価が決まるわけではありませんが、
最初の印象が良いとスムーズに仕事をスタートさせることができるでしょう。


最初の挨拶にはある程度決まった構成がある為、その構成にそって挨拶を行いながらも、
自分のことを覚えてもらえるようなキーワードを入れます。
最初の挨拶は緊張しますが、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

カテゴリー