【初詣のおみくじ】大吉や凶は結ぶ派?持ち帰る派?おみくじの本当の取り扱いやマナーについて調査!

【スポンサーリンク】

初詣に行ったときに今年初めの運試しとしておみくじを引く方が多いかと思います。

おみくじで大吉が出たときは晴れ晴れした気持ちになりますよね!

でもみなさんはその大吉のおみくじをどうしてますか?
内容が良いこと書いてあるので持ち帰って財布に入れたりすることが多いでしょうか。
では、そのあとはどうしていますか。

そんな疑問を神主さんに聞いてみました。
そのことも踏まえて、おみくじの扱いやマナーについて解説していきます。

 

 

 

1 おみくじで大吉が出たときにどうすれば良い?

神主さんによると結論は持って帰っても、結んでも両方大丈夫のようです。
おみくじの扱い方は決まっていないそうです。

まずは大吉が出たことに素直に喜び、
次にどんな内容が書かれているのかしっかり読んでください。

おみくじを引いたあとは、持って帰る、おみくじを所定の場所の紐に結ぶ、木に結ぶをするとおもいます。

大吉だと縁起が良いので持って帰る人が多いのではないでしょうか。
持って帰る場合は、おみくじは神様のメッセージなので雑に扱わないようにして内容をよく読み、

また読み返せるように手帳や財布に入れておきましょう。

結ぶ場合は、結ぶという行為自体が神様に縁を結ぶという意味があります。
最近では木に結び付けると木が傷ついたりするので結ぶ場所が決められている場合はそこに結びましょう。

凶が珍しい、自分を戒めるために持って帰る人もいるそうですよ。

個人的には大吉がでたら手帳に入れて読み返せるようにしています。
凶や大凶はすぐに所定の場所に結び、悪いものを神社に納めておきます。

 

 

2 持ち帰った場合はどうしたらいい?

大吉のおみくじを持って帰ったのはいいものの、その後どうすればいいのか迷いますよね。
捨てるのは罰が当たりそうですし…。

次のお参りの時におみくじを引いた神社のお守り授与所などに返納するか古札入れに入れる様にしましょう。

 

 

3おみくじのマナーは

寒いなか神社にせっかくお参りに行ったのに罰当たりなことをすると、運気を下げに行くようなもの。

おみくじを引くときの気をつける点を紹介していきます。

ーーーーーーーーーーーーー
・参拝を先に済ませてから
おみくじがメインではないので参拝してからひくようにしましょう

・おみくじを引くのは1人1回
良い結果が出るまでひいてはいけません。

・指定された場所に結ぶ
木を傷めたりしないために配慮しましょう。

・内容をしっかり読む
今からの気をつけるべきことが書いているので、結果だけで一気一優しないように

・雑に扱わない
おみくじは神様のメッセージなので大切に扱いましょうね。

・ 他の開運グッズと一緒にお財布に入れる
おみくじだけでしたら良いのですが、他の開運グッズと一緒に入れる事で却って運気を下げてしまうようです。
ーーーーーーーーーーーーー

 

 

4 おみくじを結ぶ由来

木の枝におみくじを結ぶというのは民間の風習のようで神社仏閣の作法ではないようです。

昔はおみくじの吉であろうが凶であろうが関係なく持ち帰るのがあたりまえでした。
と言うのも、おみくじとは吉凶関係なく書かれている内容そのものが大切だと考えられている為です。
悪い結果だと、その内容を教訓にし自分を戒め何に気を付けるべきかを確認する。
良い結果でも、結果だけに浮かれずしっかりと正しい行動を起こさないと良い結果に恵まれない、と考えていたからです。

つまりおみくじの内容を常に確認し人生の教訓・指針にするために持ち帰っていました。

現在のように木の枝に結ぶようになったのは、江戸時代からのようです。
おみくじを木の枝に結ぶと『縁が結ばれる=恋愛成就』とのジンクスが生まれ、それが神様との縁を結ぶ為という理由へと変化したとされています。

 

さいごに、、

最近では木の枝に結ぶ行為を禁止している神社仏閣が多くあります。
木の枝に結ぶと木々の成長を妨げるというのが理由だそうです。

その代わりにおみくじを結ぶ専用の結び所がある神社仏閣も増えていますので、そのようなところでは木々の枝に結ぶ事が無いようにしましょう。

そして、結ぶ際は縁起が悪いとされている縦結びにならないように気を付けてください。

【スポンサーリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

カテゴリー