【層雲峡氷爆まつり 2018】周辺駐車場や日程はいつ?花火の時間帯や穴場スポットとは?

【スポンサーリンク】
層雲峡氷爆まつりは2018年で43回目の開催となるお祭りで、
北海道の三大雪まつりの一つと言われています。

層雲峡観光協会が主催となり、石狩川の畔で催されます。
毎年通例1月の下旬から開催され、3月中に終了します。
会場は1万平方メートルの広さを誇り、近隣に層雲峡の温泉街が広がっています。


北海道の冬は断崖絶壁から流れ落ちる滝さえも凍りくほどの寒さです。
滝は巨大な氷瀑となってそそり立ちます。
石狩川沿いにはお祭りの2か月前から骨組みを設置し、氷の建造物が製作されます。

その建造物と滝の氷瀑をライトアップで七色の光に照らされたところが神秘的です。

開催期間中は花火も打ち上げられ冬の夜空を彩ります。



さらに詳しい詳細は氷瀑まつり特設ホームページでご確認下さい。


《層雲峡氷爆まつりの詳細》

イベント期間:2018年01月25日 (木)~2018年03月18日 (日)

住所:上川町層雲峡温泉

お問合せ:01658-2-1811  層雲峡観光協会

ライトアップ時間:日没から22時

入場料:300円
協力記念のポストカードとホットドリンク100円割引券が進呈されます。

アクセス:

車➡旭川紋別道上川層雲峡ICから国道39号線を25㎞ 約30分


JR➡川上駅で下車し、道北バス「川上森のテラスバスタッチ」から乗車~層雲峡温泉で下車後、徒歩5分





《層雲峡氷爆まつりを楽しむポイント》


①様々なイベント企画

日中は迫力のある氷像を楽しみ、夜にはライトアップされた氷像で違う表情を楽しめます。
かまくらや自然などをテーマにデザインされた氷のオブジェ、トンネルや氷の彫刻が設置されています。
なかでも氷の展望台は高さが15メートルあり、まつりの会場全体を360度見渡すことができます。

「北の氷酒場」は土日のみの特別営業で、高砂酒造イチオシの燗酒や冷酒、ハイボールなどご用意しています。

限定販売の酒粕ココアはお子様におススメで、毎年好評です。


特設ステージでは太鼓演奏、アイヌ民族舞踊、お楽しみ抽選会・餅まき等が行われます。

ゴムチューブで氷の滑り台を滑り降りるのはとても爽快です。


土日限定でアイスクライミング体験もできます。



②花火

2017年からは毎日開催する打ち上げ花火。

20時30分頃から開催されます。

宿泊先によってはホテルから見えるところもあるようですので、会場から近い宿泊先を選ぶと良いでしょう。




※厳重な防寒対策

やり過ぎるくらいの厚着をして会場へ向かいましょう。
濡れてもいいようにスキーウェア(ボード用ウェア)を着用し、ホッカイロを用意しましょう。
【スポンサーリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

カテゴリー