【2018年 初詣 鹿島神宮(かしまじんぐう)】混雑状況や参拝時間は?周辺の駐車場や屋台等の出店についても調べてみた!

【スポンサーリンク】

 

 

 

鹿島神宮(かしまじんぐう)/茨城県鹿嶋市

 

鹿島神宮は、日本建国・武道の神様である「武甕槌大神」を御祭神とする、
神武天皇元年創建の由緒ある神社です。

 

鹿島神宮の御祭神「武甕槌大神」は、神代の昔、
天照大御神の命を受けて香取神宮の御祭神である経津主大神と共に出雲の国に天降り、
大国主命と話し合って国譲りの交渉を成就し、日本の建国に挺身されました。

 

鹿島神宮御創建の歴史は初代神武天皇の御代にさかのぼります。
神武天皇はその御東征の半ばにおいて思わぬ窮地に陥られましたが、武甕槌大神の「韴霊剣」の神威により救われました。
この神恩に感謝された天皇は御即位の年、皇紀元年に大神をこの地に勅祭されたと伝えられています。

 

初詣は例年70万人を超える参拝客が訪れます。
全国に約600社ある鹿島神社の総本山で、紀元前660年の創建といわれておりその歴史の長さは別格です。

 

 

 

【ご利益】
■武道上達・勝負運・厄除・開運・出世・無病息災

 

【参拝】
24時間開門しているので、大晦日から元日にかけて終夜参拝が可能です。

 

 

【交通】
JR鹿島線鹿島神宮駅から徒歩10分。
1500台収容可能な駐車場もありますが、足りていないのが現状です。
渋滞で身動きが取れなくなるので、ちょっと離れた駐車場、または公共交通機関の利用をおすすめします。

 

鹿島神宮駐車場115台、初詣時期には臨時駐車場330台

 

◆第一駐車場
http://kashimajingu.jp/info/アクセス・駐車場/
収容台数60台
普通車300円/日
〒314-0000 鹿嶋市宮中2306-1

 

◆第二駐車場
http://kashimajingu.jp/info/アクセス・駐車場/
鹿島神宮まで徒歩5分
収容台数55台
料金 無料 〒314-0032 鹿嶋市宮下2-8

 

◆臨時駐車場
http://kashimajingu.jp/info/アクセス・駐車場/
(正月・祭礼時 混雑時のみ)
鹿島神宮まで徒歩3分
収容台数330台
有料
〒314-0000 鹿嶋市宮中1-13

 

【屋台】
鹿島神宮の初詣では正月3が日以降も屋台は営業しているようですが、出店数は減ります。
5日くらいまでならばまだ屋台はあるそうです。
茨城名物、煮イカ、漬け物の屋台等、珍しいものが多いようです。

【スポンサーリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

カテゴリー