日本初?!完全バリアフリー対応のパーソナルジムとは?代表の方の経歴や店舗情報についても調査!

【スポンサーリンク】
株式会社A-Crunchが運営する、
 
日本初のバリアフリー対応のパーソナルジムが2018年10月にオープンします!
 
これまでにバリアフリーのジムはあったのかどうかについてや、
 
このジムを作った方は?や、トレーニングによる効果、
 
店舗情報、についても調査しました!

 
 
 
 
 

<日本初の完全バリアフリー対応のパーソナルジム?!>

 
これまでにもバリアフリーと謳っているジムはあったようですが、
 
トレーナーの知識が乏しかったり、施設が充実していなかったりと
 
障害者の方が安心して通えるジムは少なかったそうです。
 
今回このバリアフリーのパーソナルジムがオープンすることで、
 
障害者の方も安心してトレーニングに専念し、
 
今までとは違う感想を持つことになるでしょう。
 
 
 

<パーソナルトレーニングとは?>

 
パーソナルトレーニングは、プロスポーツ選手をはじめ、
 
ハリウッド女優やモデルといった多くのセレブが行っている事で話題となっています。
 
フィットネス先進国のアメリカでは、
 
エクササイズ=パーソナルトレーニング と言うほど認知度が高く、
 
一般の方でも自分専任の個人トレーナーをつけている方が多いです。
 
日本でも当初はスポーツ選手や芸能人といった限られた方のみが、
 
パーソナルトレーナーをつけていましたが、
 
効果性の高さから徐々に評判が広まり、
 
また人気のトレーナーもTVに出るようになりました。
 
近年ではダイエットや運動不足解消を目的に、
 
年齢、性別、職種を問わず、人気が急速に高まってきています。
 
 
 
パーソナルトレーニングは、
 
トレーナーとクライアントが一心同体となり、
 
カラダの状況に合わせた的確なエクササイズプログラムを組むことができる為、
 
非常に効果が出やすいという特徴があります。
 
 
 
 
 

<トレーニングによる効果は?>

 
これからは障害のある人がどんどん外出し社会で活躍する時代になります。
 
一口に障害といっても、障害の種類や度合いは様々です。
 
症状によって、それぞれ困っていることは違い、悩みも様々となります。
 
健常者よりも障害者の方がトレーニングの効果は現れやすいようで、
 
ストレッチなどで身体の歪みを直し、
 
筋肉をほぐし、必要な筋力を鍛えるだけで大きな効果が現れるそうです。
 
体が変われば、できることも増え、外見も変わります。
 
自信が持てたり、外出が楽しくなる、ということもあります。
 
 
 

<代表の佐藤 厚志さんはどんな人?>

 
パーソナルジムを運営する、
 
株式会社A-Crunchの代表の佐藤 厚志(さとうあつし)  さんについて
 
出身やこれまでの経歴について調べてみました。
 
 
・生年月日:1984年4月18日 
 
・出身地:静岡県浜松市
 
・趣味:街探検や歴史
 
 
 
トレーナーとして身体の生理学や運動生理学、
 
解剖学を学び、実践にいかしてきたそうです。
 
トレーナーとして活動して14年、
 
スポーツジムに所属されていたこともあったそうですが、
 
その後は独立して出張ベースのパーソナルトレーナーとして、
 
株式会社A-Crunchを運営されています。
 
 
 
出張の場合の料金体系は、
 
60分 8,680円(税込、出張費込み)のようでしたが、
 
店舗での料金は変更になるかと思います。
 
 
また、出張ベースのパーソナルトレーナーは
 
トレーニングを受ける方の移動の負担が減らせる利点はありますが、
 
プラットホームとなるジムを持てたらと切望してたそうで、
 
やっと念願かなった形となりました。
 
 

■店舗詳細情報

 
住所:東京都港区南青山2-4-12
 
最寄駅:青山一丁目駅
 
営業時間:10:00~22:00
 
 
〒107-0062 東京都港区南青山2丁目4−12の地図
 
 
【スポンサーリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

カテゴリー