【日本初上陸!ラルフローレンカフェ(Ralph’s coffee)】渋谷区表参道の店内に1号店オープン!場所やアクセス方法、インスタ映えについても調査!

【スポンサーリンク】
 
ラルフ ローレンの表参道旗艦店舗前に移動式の車
 
「Ralf’s COFFEE」があるのをご存じでしょうか?
 
通常は緑のカフェトラックでコーヒーを販売しており、
 
かわいい外観の割りに本格的なコーヒーを頂けます。
 
またインスタ映え用でアップする為に大行列で並んでた方も居る様です。
 
 
そんな、ラルフ ローレン表参道旗艦店内にて
 
2018年秋『Ralph’s coffee日本1号店』がオープンします!!
 
ここでは、日本初となるラルフ ローレンのカフェについてや、
 

海外の事業展開、創業者ラルフ ローレン、インスタ映えについても調査しました!

 

 
 

<ラルフ ローレンとは?>

 
日本のラルフ ローレンは、米国ラルフ ローレン社100%出資のもと、
 
直営店フラッグシップストアの表参道店をはじめ、
 
アウトレットも複数展開しています。
 
更に、全国の主要百貨店を中心に約130拠点、
 
約400店舗を展開し、成長し続けているブランドです。
 
 
そんな RALPH LAUREN の理念は、
 
流行に左右されないライフスタイルを提案していくことです。
 
世の中から支持されている理由に、
 

ホスピタリティを大切にした最高のサービスを提供していることがあげられるようです。

 

 

■会社概要

 
ラルフローレン株式会社
 
設立:2009年4月
 
代表者:代表取締役社長 ジェイ・キンプトン
 
資本金:1億円
 
従業員数:2200名
 
事業内容:『RALPH LAUREN』ブランドの婦人服・紳士服・子供服・雑貨等の卸・販売
 
事業所本社:東京都千代田区永田町2-10-1
 
ホームページ:http://www.ralphlauren.co.jp/
 
 
 
 

<創業者RALPH LAURENの想い>

 

 
創業者RALPH LAURENは次のように述べています。
 
『私が手がけているのは、ライフスタイルそのもの。
 
私が生み出しているのは単に洋服ではなく、
 
それを着る人々をどのように変身させるかということです。』
 
 
RALPH LAURENの想いを様々なスタイルで提案して50年となります。
 
世界中でアパレルビジネスに加え、
 
ホームコレクションやカフェ、レストランなどの飲食事業も展開しています。
 
また、慈善事業にも注力しており、年間を通して様々なチャリティー活動や
 
ボランティア活動を実施しています。
 
2000年からは毎年10月にグローバル規模で ”Pink Pony”キャンペーンを実施しているようです。
 
癌の早期発見、診断、治療に関する知識向上と啓発を目的とした活動となり、
 
全世界の売り上げの25%をがん関連の慈善活動の国際的ネットワークに寄付しています。
 
2017年にはSNSを使ったキャンペーンを行うなど、
 

慈善事業の中でも新たな試みに挑戦しています。

 
 

■海外での事業展開

 
みなさんは海外のラルフ ローレンが飲食事業を展開していることをご存知でしょうか?
 
ニューヨークやシカゴ、パリにはレストランを、
 
ロンドンにはカフェ&バー、香港ではカフェをそれぞれ運営しています。
 
ラルフ ローレンは単なるアパレルブランドにとどまらず、
 
ホームコレクションや飲食事業を展開することで、
 
ブランドが目指す世界観を表現しています。
 
 
 
 

<ラルフ ローレン 表参道旗艦店のカフェ「Ralf’s COFFEE」>

 
表参道の旗艦店の店内にオープンするカフェで、
 
味や素材にこだわったバラエティ豊かなコーヒーと、
 
コーヒーにマッチするサラダやサンドイッチなどの食事も頂けるようです。
 
気楽に立ち寄れるが、洗練された空間でリラックスできるという、店内になるようです。
 
 
 

■店舗情報

 
Ralph’s Coffee Omotesando [ラルフ ローレン表参道旗艦店内]
 
住所:東京都渋谷区神宮前4‐25-15
 
電話(TEL):03-6438-5800
 
アクセス:
「明治神宮前」駅 エレベーター口 徒歩3分
「表参道」駅 A2出口 徒歩5分
 
営業時間:
日~木 11:00~20:00
金・土 11:00~21:00
 
 

<ラルフローレンカフェ インスタ映え>

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BoqhHZDFxGt/?utm_source=ig_web_copy_link

 

 

 

【スポンサーリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

カテゴリー