【Windows7】延長サポート終了はいつ?増税前のPC買替時期やXPサポート終了時の駆け込み混雑状況についても調査!

【スポンサーリンク】
増税前に高額商品の買い換えや、
 
新規での購入を検討されている方も多いかと思います。
その3ヶ月後には、Windows7 の延長サポートが終了となるため、
 
PCの買い替えを検討している方もいるでしょう。
 
そんな方に、
 
2019年10月増税についてや、Windows7サポート終了、
 
WindowsXPのサポート終了時はどうだったか?、
 
Windows7からの替え時について調査しました!

 

 

< 2019年10月増税予定>

 
平成31年(2019年)10月1日から消費税が10%に引き上げられ、
 
同時に一部の食料品と新聞が8%に適用される軽減税率制度が実施されます。
 
ということは、PC含め、AV機器やほとんどのものが増税対象となります!
 
増税前の駆け込み需要により、それぞれの製品が品薄になる可能性があります。
 
そうなる前に、早めの検討をおすすめします!

 

 

 

< Windows7サポート終了>

 
すでに 2017 年 4 月 11 日 Windows Vista のサポートが終了しており、
 
2020 年 1 月 14 日 には、Windows 7 の延長サポート期間も終了となります。
 
セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含む、
 
すべてのサポートが受けられなくなります。
 
法人の方は勿論、個人の方も、
 
ウイルスによる被害やセキュリティの問題が気になります。
 
延長サポート終了前には、
 
Windows 10 / Microsoft 365 に移行することを強くお勧めします。
 
これにより、特定のサービスが利用できなくなるという事象や、
 
サポートが必要になるといった状況を回避することができます。

 

<延長サポートとは?>

 
延長サポートについて、知らない方の為に解説します。
 
OSやアプリケーションのサポートというのは、
 
主に不具合の解消や、
 
発売後に発見されたセキュリティー上の脆弱性の修正などを指します。
 
マイクロソフトの製品にはメインストリームサポート期間がまず適用され、
 
それが終わると延長サポート期間に入り、
 
それも終了するとサポートは行われなくなります。
 
サポートがなくなるということは、
 
不具合の解消や脆弱性の修正などが行われなくなるので、
 
コンピューターウイルスなどに対して脆弱になり、
 
使用し続けるのが危険な状態となります。
 
つまり、そのOSやアプリケーションが実質的な寿命を迎えることになります。
 
 
 

< WindowsXPのサポート終了時はどうだったか?>

 
WindowsXPの延長サポート終了の際は、
 
Microsoft社は1年前から積極的な移行施策を開始したが、
 
大手企業や中小企業は、新たなOS導入に伴う
 
検証や予算の確保に時間かかり、1年前からの訴求では遅く、混乱を招きました。
 
 
今回の Windows 7の延長サポート終了については、
 
前回の反省を生かし2年前から案内を出してはいるものの、
 
特に個人はサポート終了間際の駆け込みが予想されます。
 
 

< Windows7からの替え時>

 
延長サポートは2020年1月13日まで続くものの、
 
先に述べた軽減税率導入による増税が2019年10月1日から予定されている。
 
その点を考えると、3ヶ月以上早く購入することで、
 
8万円のPCを購入する場合、1,600円、
 
15万円のPCを購入する場合、3,000円 お得に購入できる。
 
また、増税前は駆け込み客で希望の製品が品切になっていることもおおいに考えられます。
 
希望のメーカー、型番が決まっている方はすぐにでも希望の機種に買い替えても良いのではないでしょうか。
 
特に決まっておらず、価格的にお得に購入されたい方は、
 
シリーズのモデル入れ換え直前になると、
 
各メーカーがそれまでの機種の価格を下げて
 
売りつくしを行うことが多いため、その機会を狙うのも一つです。
 
量販店では価格交渉ができるため、
 
他店での価格に合わせてもらったり、
 
色に拘りがないか方は、思いきった値段で手に入れることも可能となります。
 
【スポンサーリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

カテゴリー